×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

パンくず(ナビゲーション)リンク

ホーム >> 動作環境

設計におけるワークフロー

設計は企画段階で決まったサイト企画をより具体的に制作ベースに落とし込む作業です。企画時はまだ大枠の構成だったり、見た目だけだったりと全体の構成の詳細までが決まることは少ない。設計時に細かい作業内容を整理・検討し、しつかりとしたスタッフィングを行って制作体制を確立するとともに、スタッフ全員のコンセンサスも図る。

企画のブレイクダウン

設計段階でまずはじめにやらなければならないのが、イメージやコンセプト中心に表現されていた企画案を制作ベースの作業仕様としてブレイクダウンすることです。

作業リスト

ブレイクダウンした作業項目をデザイン制作、プログラム開発、サーバー構築といったジャンルに再分類し、全体のスケジュールが把握可能な作業リストに落とし込みます。

ディレクトリマップ

ディレクトリマップは企画段階では作成したサイトマップをより具体化し、各コンテンツにファイル名を割り当て、さらにファイルを格納するフォルダを規定するもので、ファイル、フォルダ名ともにルールを規定しておくことが重要です。

デザイン仕様

ページデザインのための基本的な仕様を作成します。仕様には統一されたデザイントーンのほかに、ナビゲーションの機能仕様やそのレイアウト的な配置仕様、また別のウィンドウで表示するコンテンツのデザインやそこに配置するナビゲーション機能などの仕様なども含まれる。この時点である程度基本仕様を固めないと制作進行が効率的に運ばないことになります。

開発仕様

JavaScriptやCGIなどの何時パン的なスクリプト以外にも、データベースシステムと連携するためのプログラム処理など、プログラミング作業が発生するプロジェクトの場合、コンテンツを実現するたるの仕様を作成しなければなりません。将来的なシステム拡張などを考慮しながら、開発環境やシステム環境を検討する必要があります。


その他のサイトのリスト



▲TOP▲